エッチなしで愛人契約してくれるようなパパを、すぐにでも見つけたいという焦りの気持ちがありました。
お小遣いをもらって学費として使って、転職をしたくてしかたがなかったのです。
そこで、日頃から使っている、Twitterでパパ活をやってみることにしたのです。
利用者が多いツールを使っていけば、より簡単にパパを探すことができるに違いないと判断したのでした。
食事だけでお小遣いをくれるパパ募集をしている、そんなツイートをしてみることにしたのです。
多くの人たちが使っているんだから、きっと中には私の言っている事を理解してくれる人がいるはず、そんな男性をツイートをやってみたのでした。
しかし、本当にうかつだったと思います。
こういう時って、アカウントをチェンジしておかなければいけなかったのですが、焦った気持ちがあるので本アカを使ってしまったのです。
真っ先に反応したのが、リア友たちでした。
学生時代からの友達からいきなりリプが飛んでき、援助交際でもやっているのか?って言われちゃったんです。
さらに、古くから仲良くしている幼なじみとかからも、馬鹿にするようなリプが飛んで来たりして、さらに私のツイートがリツイートで拡散されていくとたちまち炎上を始めたのです。
本当にしまったなって感じでした。
誹謗中傷のリプがいっぱい飛んでくるし、リア友たちから変な目で見られてしまったし、すぐにツイートを削除したのです。
Twitter上ではよくある、アカウントの乗っ取りだと言い訳して回る羽目になってしまったのです。
本当に散々な思いを経験してしまったのでした。
何でアカウントを変えなかったのかなって感じですよね。

すぐにでもお小遣いが欲しかったですから、ちゃんと考えることができなかったのです。
身元が分らないようにして相手を探さなければ、このようなひどい状況に追い込まれてしまうのです。
炎上してしまったTwitterは暫く放置するしか他に方法がなさそうです。
だけど、パパ募集を諦めることはできません。