検索で見つけたのがパパ募集掲示板、無料で登録を必要ないからとても便利だと感じて、こちらでパパ活をやっていきました。
反響はとってもたくさんあるし、もっとも大人の目的を書いてくる人もたくさんいましたけどね、それでも食事だけでもいいよと言ってくれた男性が現れました。
しかも、1回の食事で5万円の支払いをしてもいい、こんな美味しい条件を出してくれたのです。
もし気に入ってもらって、継続関係になったら勉強のための学費は楽に出せるようになります。
緊張よりもはるかに期待感が強く、待ち合わせ場所まで仕事帰りに出かけていきました。
食事だけの約束だから、やっぱり安心感は持っていたのです。
ある駅前で待ち合わせになったのですが、少ししてから相手の男性が現れました。
これから食事に連れて行ってもらって、そしてお小遣いをもらえるんだと思うとワクワクした気持ちがとても強くなっていました。
だけど、私の期待がすぐに崩れ去っていく事になったのです。
「やっぱり肉体関係なしで5万は無理だから、今からホテル行かない?」
会ったとたん、いきなり体を求める話を出してきたのです。
「そんな話聞いてません」
「だいたい飯食って5万円なんて、本気で考えたわけ?」
「そういう条件でした」
「ふざけるなよ、飯食っただけでそんなにもらえると思ってのかよ」
突然、激昂して顔を真っ赤にして怒鳴ってくるので驚いてしまったのです。

絶対に体の関係なんて無理ですから、その場から走って逃げ出してしまいました。
本当に怖い思いをしてしまって、帰宅してからも心臓のバクバクが収まりませんでした。
食事をするだけと言ったのに、いきなりエッチの誘いです。
とっても怖くて、その日はなかなか寝つくことができませんでした。